チームについて

チーム理念

「高みを目指して、楽しく! 明るく! 元気よく!」 ジュニアからシニアまで多くの会員が一つになって『鳥取を元気に』

チーム名・チームロゴマーク

チーム名の由来

【Cheerful(チアフル)】とは、「楽しい」「明るい」「元気のよい」という意味があります。 チームの一人ひとりが楽しく明るく元気よく鳥取県の地域やスポーツを盛り上げていきたい! という思いでこの名前になりました。

チームロゴマーク

さざんか 「さざんか」のモチーフと、「さざんか」の赤/ピンクを基調とし、「E」が今にも前に 動き出しそうなロゴとを融合しました。「さざんか」の花ことば「困難に打ち勝つ」に、 前に前にという気持ちを表した「E」を合わせ、この「チームロゴ」にいつまでも 「勇気凛々」にという気持ちを込めています。

「さざんか」は、鳥取市の木です。

チームのあゆみ

1985年 「わかとり国体」開催
三洋電機㈱バドミントン部から鳥取三洋電機㈱に異動した、上前麻寿美(旧姓 福田)、
山下日出子(旧姓 植田)が成年女子の選手として出場(ベスト8)
1992年 上前麻寿美が中心となり、鳥取三洋電機㈱ 女子バドミントン部を正式に創部
1999年 日本リーグ2部に加入
2002年 鳥取三洋電機㈱ 女子バドミントン部 休部、日本リーグ2部脱退
2004年 株式会社ベスト電器から移籍した堂本克樹(旧姓 宇治)が監督に就任し、
鳥取三洋電機(株)バドミントン部の活動再開

2005年 日本リーグ2部再加入
2008年 チーム名を三洋電機CEに変更
国体5位入賞(わかとり国体以来) 
日本リーグ2部 準優勝
2009年 日本リーグ2部 3位
2010年 国体4位入賞(成年女子初)
日本リーグ2部 3位
2011年 国体4位入賞
2012年 チーム名をパナソニック鳥取に変更
国体5位入賞
2012年末で廃部
2013年 パナソニック鳥取の4名の選手が鳥取県に残り、
NPO法人Cheerful鳥取 女子バドミントン部を創部
arrow

決算書類等

ページの銭湯へ